高校生、中学生の年代は、代謝が活発であるためニキビができやすく、顔だけでなく背中にもニキビが発生することがあります。特にプールの授業や、体育や部活で着替える機会の多い高校生や中学生にとって、人目につきやすい背中のニキビは気になりますよね。

思春期のニキビは20歳前後になると自然におさまると言われますが、すぐにキレイな肌に改善することはできないのでしょうか。そこで高校生にできる背中ニキビの原因と対策について調べてみました。

思春期にニキビが増える理由

10代の思春期の頃は、体を作るための成長ホルモンが多く分泌される時期ですが、成長ホルモンは皮脂腺を刺激する作用もあるため、皮脂が過剰に分泌されることがあります。

皮膚表面の皮脂は、適度な量であれば、乾燥や外部からの刺激、雑菌などから体を守るためのバリアとして有効ですが、過剰に分泌されると毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖してニキビができやすくなります。20歳前後になると、ホルモンバランスが整ってくるため、思春期に特徴的なニキビはだんだんと少なくなっていきます。

思春期のニキビは、皮脂腺が多く集まっている部分で発生しやすく、額や鼻、頬などによく見られます。また、普段は目につきにくいのですが、意外と皮脂腺が多く、ニキビができやすいのが背中です。特に背中は汗をかきやすく、アクネ菌のエサとなる皮脂や垢が溜まりやすいので注意が必要です。

背中ニキビの予防と対策

思春期の背中ニキビも、顔のニキビと同様に、成長するにつれて自然と減少しますが、今すぐにできる対策もあります。

汗をかいたら放置しない

夏の気温が高い時期や運動した後などは、背中がじとっと汗ばむように、背中は汗腺が集まっており、汗をかきやすい部分です。
かいてすぐの汗はほとんど影響がありませんが、汗をかいたまま放置していると、汗の成分や、汗に混ざった皮脂や古い角質にアクネ菌が繁殖してニキビができやすくなります。

運動後に汗をかいたらきちんと拭いたり、制服の下には吸湿性のよいインナーを見に付けるなどの対策で、汗による背中ニキビを防ぐことができるでしょう。

シャンプーやリンスのすすぎ残しに注意

背中ニキビの原因としてよく言われるのがシャンプーやリンスのすすぎ残しが、背中についたままになっていることです。シャンプーをするときに、髪のすすぎは入念に行っても背中についた泡はあまり気にしていないという人も多いのではないでしょうか。

シャンプーの洗浄成分やリンスに含まれる柔軟成分は、皮膚に刺激を与えてニキビなどの肌トラブルの原因になりますから、シャンプーだけでなくリンスもきちんと洗い流しましょう。

ニキビ専用化粧水でケア

顔のスキンケアは毎日するけど背中はほったらかしという人は多いと思いますが、背中もニキビ専用化粧水などでケアすることで、できてしまったニキビの症状を抑えることができるでしょう。

ニキビ専用化粧水には、ニキビの赤みや腫れの原因となる炎症を抑える成分や、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌する成分などが配合されています。

顔のニキビにも同じことが言えますが、ニキビを無理につぶすと色素沈着や凹凸肌になる原因になりますから、背中ニキビができてもできるだけ触らず、専用の化粧水などでケアするようにしましょう。

まとめ

高校生や中学生は、皮脂の分泌を促す成長ホルモンが多いので、どうしても顔や背中にニキビが出やすくなります。背中ニキビの発生を防ぐには、汗をかいたらきちんと拭き取る、シャンプーのすすぎを入念に行う、ニキビ専用化粧水によるケアなどの対策が有効でしょう。