ソンバーユは、馬油のみを使用して、添加物を一切配合していない100%天然オイルで、髪、顔、体などのケアに広く使えるとして注目を集めています。

馬油は人間の皮脂と近い性質があることが知られており、肌ケアや傷治療などに効果が期待できると言われていますが、背中ニキビのケアにも使用することができるのかどうか調べてみました。

安全面に問題はないが治療効果は不明

ソンバーユは馬の脂肪から抽出した油を、化学的な加工を一切せずに作られた成分無調整の馬油です。このため、赤ちゃんの肌や口、鼻の中に塗っても有害性が無く、背中ニキビに使っても問題ないようです。

ただし、ソンバーユは化粧品に分類される製品で、医薬品ではないため、背中ニキビの治療に効果があるとは言い切れません。

殺菌効果などのある薬用成分は配合されていないので、背中ニキビを直接治療する効果はありませんが、低刺激で高い保湿効果があるため、肌を乾燥や外部刺激から守ることができ、肌の状態が整うためにニキビの予防や治療の助けになるようです。

ただし、すべての人の肌に合うとは限りませんので、塗ってみてかゆみや湿疹、赤みなどが見られたら使用を中止しましょう。

ソンバーユで背中ニキビをケアする

ソンバーユには背中ニキビの炎症を抑えるαリノレン酸や、皮膚の新陳代謝を活発にさせるビタミンEのほか、馬セラミドと呼ばれる不飽和脂肪酸を含む成分が美肌効果を促します。

この馬セラミドと呼ばれる成分は、肌への浸透性が高く、毛穴に入り込んで膜を張ることで、肌を乾燥や刺激から守り、高い保湿効果を示します。

背中の皮膚は、体の中でも角質が厚い部分なので、高い浸透力のあるソンバーユは効果的に働くでしょう。

実際に背中ニキビのケアに使用する際は、入浴後の清潔な肌にソンバーユを塗布します。若干べたつくので、肌の水分を閉じ込めるイメージで、少しずつ肌に馴染ませるようにして使うとよいでしょう。

ニキビ肌に油分というと、よくないような気がしますが、馬油は人間の皮脂と似た性質があるため、肌に浸透しやすく、べたつかずにすぐに馴染みます。ソンバーユと同じシリーズの馬油石鹸で洗えば、さらにニキビ予防効果が期待できるでしょう。

まとめ

ソンバーユは、馬の脂肪から抽出した馬油のみを使用した無添加の天然オイルで、成分が人の皮脂に近いため、低刺激で背中ニキビのケアにも使用できます。

医薬品ではないので、背中ニキビを直接治療することはできませんが、浸透力が高いので、背中の厚い皮膚にも成分が届きやすく、保湿効果で肌の状態を整えることができます。