顔のニキビと同様に、一度できるとなかなか消えない背中のニキビ跡は、自分では確認しづらいこともあり、余計に気になってしまいますよね。

ニキビ跡を予防するには、ニキビができてすぐの対策が重要ですが、すでに跡になってしまってはもう手遅れなのでしょうか。そこで、背中のニキビ跡を消すための方法について調べてみました。

まずはニキビ跡の種類をチェック

ニキビ跡と言っても、その形態は様々です。ニキビ跡の状態によって治療方法が異なりますから、まずは気になるニキビ跡の種類をチェックしてみましょう。

背中ニキビ跡の特徴には、炎症などによる赤みを帯びた跡、色素沈着による黒ずんだ跡、皮膚に凹凸ができるクレーターニキビ跡の3種類に分けられます。

赤みを帯びたニキビ跡

ニキビが発生した部分がうっ血したり炎症を起こしたりして赤くなっている状態です。症状としては比較的軽度なので、古い角質を落とす化粧水などでターンオーバーを促すことで、症状が改善することがあります。

背中の皮膚は他の部分に比べて厚くなっているので、古い角質が溜まらないよう、ピーリングを行ったり、ローションなどで保湿を行うことで、きれいな背中の維持につながるでしょう。

黒ずんだニキビ跡

ニキビが炎症を起こした部分でメラニン色素が作られ、シミのように残ってしまうのが原因です。顔の美白対策と同様に、美白化粧品によるケアや、ビタミンC、ビタミンBなどの美白サプリメントなどで改善が期待できます。

また、皮膚科などの医療機関で処方されるヒドロキノンを含む軟膏も有効であると言われています。

クレーターニキビ跡

重度の炎症によって皮膚の表皮の奥にある真皮が傷付いてしまうと、陥没してクレーター状のニキビ跡が発生してしまいます。サプリメントや化粧品などでは改善が難しいのですが、美容皮膚科で治療を行うことができます。

美容皮膚科では、レーザーを照射して患部のコラーゲン生成を促し、へこんだ部分を盛り上げる治療や、ピーリングで古い角質を取り除き、凹凸の差を小さくする等の治療が行われます。

まとめ

背中のニキビ跡は、残りやすいのでニキビを作らない、ニキビができたら適切に処置を行うことが最も大切です。しかしもしニキビ跡ができてしまっても、症状によっては改善が期待できます。

赤みを帯びた後や、色素沈着による跡は、化粧水やサプリメントなどで改善できることがありますから、まずはニキビ跡の状態を調べてみましょう。