背中ニキビは一度できると治りにくく、再発しやすいという特徴がありますが、自分では確認しづらいために、気づいた時には赤く炎症になっていたということがよくあります。

背中のニキビも顔のニキビと同じように、肌を清潔に保ち、保湿ケアを十分に行って乾燥を防ぐよう気をつければ、自然に治ることがありますが、ケア方法が間違っていると余計に悪化してしまう危険があります。

そこでこの記事では、背中ニキビが悪化しないよう、正しいケア方法を調べてみましたので、背中ニキビが気になる方は参考にしてみてください。

皮膚の洗いすぎは逆効果

背中ニキビも顔のニキビと同じく、古い角質や過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まったところに菌が増殖することで発生します。
そこでニキビケアには皮膚を清潔にすることが大切ですが、洗いすぎには注意しましょう。

顔を洗うときは、たっぷりの泡で優しく洗っていても、背中を洗うときは、ナイロンタワシやボディスポンジなどでごしごし洗っていませんか。
背中の皮膚は厚く丈夫そうに見えるので、力を入れて洗ったほうがよいように見えますが、強い力で皮膚をこすると、必要な角質まで剥がれて乾燥してしまったり、すでにあるニキビが摩擦によって潰れて跡に残ってしまうことがあります。

背中を洗うときも、石鹸やボディソープを泡立てたたっぷりの泡で汚れを吸着するように優しく洗うと良いでしょう。
また、シャンプーやリンスの成分が背中に残らないよう、髪を洗い終わってから背中を洗うのがおすすめです。

肌に触れる衣服の柔軟剤使用に注意

柔軟剤を使って洗濯すると、生地が柔らかく肌触りがよくなるので、肌に優しいと考えている人は多いかもしれませんが、実は柔軟剤が肌に合わないために、皮膚に刺激を与えて背中ニキビの原因となっていることがあります。

柔軟剤は、洗濯洗剤のように完全には洗い流さず、洗濯後も衣服に残って膜を作ります。このために柔らかな肌触りや良い香りの効果が出るのですが、多くの柔軟剤は石油系界面活性剤を使用しているため、皮膚の刺激に敏感な人は、背中ニキビやかぶれなどを起こす危険があります。

全ての人の肌に当てはまるわけではありませんが、繰り返しできる背中ニキビに悩んでいる人は、直接肌に触れる下着などには柔軟剤の使用をやめてみると、症状が収まるかもしれません。

洗濯洗剤だけでは、生地の肌ざわりが気になる場合は、クエン酸が柔軟剤代わりとして使用できるので、試してみるとよいでしょう。

まとめ

きちんとケアしているつもりでも、背中ニキビが悪化してしまっているのなら、現在のケア方法に問題があるのかもしれません。

特に清潔にしようとして、強い力で背中を洗っていると、乾燥したりニキビが潰れて悪化してしまうことがありますから注意しましょう。

また、肌ざわりがよくなるからと柔軟剤を使用している人は、柔軟剤の成分が肌に合っていない場合がありますから、一度使用を見直してみるとよいでしょう。