毛穴に汚れが溜まった状態が続いたり、乾燥して皮膚表面の角質が厚くなると、ニキビができやすい状態になってしまいます。

そこで、洗顔をしたり化粧水や乳液で保湿を行うなど、顔は入念にスキンケアしていても、同じようにニキビのできやすい背中は特にケアをしていないという人は多いと思います。

しかし、顔と同じケアで良いのかどうか、背中のケア方法にはよくわからない点も多いですね。そこで、背中の肌質の特徴や、ニキビ予防に役立つ背中のスキンケア方法について調べてみました。

背中も化粧水などでケアが必要

背中は自分では確認しづらいので、何もケアをしていないという人が多いと思いますが、背中は皮脂腺が多く、角質が厚くなって毛穴が詰まりやすいので、化粧水などで保湿ケアが必要な部分です。

背中の皮膚は、乾燥すると表面の角質が厚く固くなり、毛穴の出口が塞がれて皮脂などの分泌物が排出されずに溜まってしまうことがあります。
すると古い皮脂や角質に細菌やカビが繁殖してニキビができてしまいます。

このため、背中ニキビを予防するには、古い皮脂や角質が溜まらないように、お風呂で丁寧に洗って清潔にするとともに、化粧水やローションで保湿を行い、乾燥しないようにケアすることが大切です。

背中ニキビの予防に使えるケア用品

背中の保湿には、顔用の化粧水でも対応できますが、背中の皮膚は顔よりも厚いので、角質を柔らかくする成分が配合されたものを使ったり、ときどきピーリングして古くなった角質を取り除くと良いでしょう。

ピーリング剤には様々なものがありますが、酸の作用によって古い角質をはがすAHA(アルファヒドロキシ酸)や、タンパク質を分解する酵素などが含まれた石鹸やシャワージェルで洗い流すタイプがよいでしょう。

ピーリング後は乾燥しやすいので、保湿効果のある化粧水などでしっかりとケアを行います。
背中は手が届きにくく、ケアしづらいですが、スプレーボトルに入れた化粧水を噴きかけるようにすると、広い範囲でも効率的にケアすることができます。

まとめ

背中の皮膚は皮脂腺が多く、角質が厚くなって毛穴に詰まりやすいという特徴があるので、顔と同じように化粧水などで保湿ケアをするのがおすすめです。

顔と同じ化粧水でも問題ありませんが、背中の皮膚は厚いので、成分が浸透しやすいように、ときどきピーリングして表面の古い角質をとりのぞくと良いでしょう。

手が届きにくい背中には、スプレーボトルに入った化粧水を使うと、むらなくケアすることができます。