背中ニキビの予防・ケアする上で重要なポイントになるのが、毎日のお風呂での背中の洗い方です。ニキビ予防にとって皮膚を清潔に保つことは基本ですが、毎日体を洗っているのに背中ニキビが繰り返しできるという人は、実はきれいに洗い切れていないのかもしれません。

そこで今回は背中ニキビの予防・ケアにつながる体の洗い方についてまとめました。普段なにげなく行っている体の洗い方を見直してみましょう。

シャンプーのすすぎ残しに注意

背中ニキビの原因としてよく見られるのが、髪をすすいだ後のシャンプーやリンスが背中に付着したままになっていることです。シャンプーやリンスに含まれる洗浄成分や柔軟成分は皮膚に刺激を与えるので、きれいに流せていないと湿疹や乾燥など背中ニキビの原因となってしまいます。

そこで背中ニキビを予防するには、洗う順番がポイントです。体を洗う前にシャンプーとリンスを済ませておくと、背中に洗浄成分が残ってしまうのを防ぐことができます。

リンスやコンディショナーを髪になじませている間に体を洗う人がいますが、リンスやコンディショナーを洗い流すと、きれいに洗った背中にリンスやコンディショナーの成分が付着してしまうので、やめたほうがよいでしょう。

また、頭を洗う姿勢を工夫することで、背中にかかるシャンプーを減らすことができます。シャンプーをするときに、なるべく前かがみの姿勢になると、背中ニキビの原因となるシャンプーがあまり付着することなく洗うことができます。

髪の長い人は、リンスをなじませる間はクリップなどで髪を上げて、背中に当たらないようにするとよいでしょう。

たっぷりの泡で優しく洗う

背中を洗うときに、しっかり垢を落とそうと、ナイロンタワシなどでゴシゴシと強い力で洗っていませんか。実はこのような洗い方をしていると、皮膚表面の角質を傷つけてしまい、肌が乾燥したり、傷ついた角質を補うために角質が厚くなって毛穴が塞がりやすくなることがあります。

また、すでに背中ニキビができている状態だと、強い摩擦によってニキビが潰れて跡に残ってしまう危険もあります。ニキビは毛穴に古い皮脂や角質が詰まって、アクネ菌を主とする雑菌が増殖することで発生しますから、背中を洗う際は、泡で汚れを吸着するようにして優しい力で洗うようにしましょう。

背中ニキビが繰り返し発生してしまう人は、使用しているボディソープや石鹸を見直すのも良いかもしれません。ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌して、炎症を抑える効果のある薬用石鹸も市販されているので、慢性的な背中ニキビに悩んでいる人はぜひチェックしてみましょう。

まとめ

背中ニキビを予防・ケアするためには、毎日のお風呂での洗い方に気をつけると良いでしょう。髪を洗った後のシャンプーやリンスのすすぎ残しは、皮膚に刺激を与えてニキビの原因になりやすいので、シャンプーとリンスを終えてから体を洗うなど順番を工夫するとニキビ予防になるでしょう。

また、背中を洗うときは、強い力でこすらず、泡で汚れを吸着するように優しく洗うことで、すでにできてしまったニキビを悪化させることなく、新たなニキビの発生も予防することができます。