背中ニキビを改善するには、ニキビの原因菌が増殖しないよう肌を清潔に保つ、きちんと保湿して乾燥を防ぐといったケア以外にも外用薬や内服薬による治療も有効です。

しかし、病院でもらう薬は副作用が心配という人もいるかもしれません。そのような場合は比較的副作用の少ないと言われる漢方薬を試してみるのもおすすめです。そこで今回は、背中ニキビに良いとされている市販の漢方についてまとめました。

ニキビに対する漢方医学のアプローチ

漢方医学ではニキビなどの肌の炎症のことを「熱」として扱い、治療には熱を鎮める方法で行っていきます。また、漢方の考え方では体になんらかの不調が起こったためにニキビが発生したと捉えます。

そこで、ニキビそのものの治療だけでなく、ニキビが発生する根本原因に対して自然治癒力を高める治療を同時に行います。このため、西洋医学に基づいて処方される薬に比べると即効性には劣りますが、ニキビ等の肌トラブルの起こりにくい体質への改善が期待できます。

漢方薬にはドラッグストアなどで購入できるものもありますが、体質や症状によって一人一人に合わせて処方するのが漢方の特徴ですから、気になるようなら専門機関を受診してみましょう。

背中ニキビの治療に用いられる漢方薬

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

十味敗毒湯は名前の通り、10種類の生薬が配合されており、体内の毒素をなくすことができると考えられています。ニキビへの即効性はありませんが、皮膚の炎症や腫れを軽くし、血行を良くしてニキビができにくい体質への改善が期待できます。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

炎症を取り除く作用があり、ニキビだけでなく湿疹や皮膚炎の症状改善が期待できます。ニキビを発生させる「熱」を取り去ることで症状改善を行うため、発汗・発散作用があります。また、ニキビの原因菌であるアクネ菌に対しての抗菌作用も認められています。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

体内の余分な熱を逃がして、水分のめぐりを良くする働きがあります。鼻づまりや慢性的な鼻炎に対して処方されることの多い漢方ですが、首から上の炎症に効能があると言われているため、ニキビや扁桃炎などにも効果が期待できます。

まとめ

慢性的な背中ニキビには、医薬品による治療が有効である場合がありますが、漢方の中にも症状の改善が見込めるものがあります。西洋医学に基づいた医薬品に比べて即効性はありませんが、ニキビのできにくい体質への改善に効果が期待できます。