背中は意外と皮脂腺が多く、毛穴の汚れが溜まったり、ストレスの多い生活習慣を続けているとすぐにニキビができてしまします。背中ニキビを防ぐには、顔のニキビと同じように保湿によるケアが重要です。

しかし顔と違って、背中ニキビの保湿には、どのようなクリームを使えばよいか分からないという人も多いと思います。そこで、保湿効果があって背中ニキビに塗ってもよいボディクリームについて調べてみました。

背中ニキビ予防のポイント!保湿の重要性

背中ニキビに限らず、肌の保湿はニキビ予防にとって重要なポイントです。と言っても、ニキビは皮脂が過剰に分泌されて肌がべたついているときにできやすい印象があり、保湿すると余計にべたついてニキビが増えるのではと思うかもしれません。

しかし、皮膚が乾燥しているために、皮脂が過剰に分泌されることがあるのをご存じでしょうか。
なんらかの原因によって皮膚が乾燥すると、通常は弱酸性に保たれている皮膚表面がアルカリ性に傾き、雑菌が繁殖しやすくなります。

また、紫外線やアレルゲンから体を守る機能が低下し、少しの刺激で肌トラブルが起こるようになったり病気にかかりやすくなるなどの危険にさらされてしまうのです。

乾燥肌にはこのようなリスクがあるため、肌が乾燥すると、通常より多くの皮脂を分泌して皮膚表面を守ろうとする仕組みがあります。
しかし、このような状態が続くと、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、詰まった毛穴にニキビを発生させる菌が増殖してニキビが発生してしまいます。

そこで、ニキビを防ぐには、そもそもの原因である乾燥肌にならないよう、普段からしっかり保湿することが大切です。

背中ニキビにも使えるボディクリーム

背中ニキビがすでにできてしまっていたり、繰り返し発生している場合は、保湿のためのボディクリーム選びに注意が必要です。

ドラッグストアには様々なメーカーのボディクリームが並んでいますが、ニキビができてしまうということは、背中の肌が刺激に敏感になっている可能性があります。

そこで、肌に余計な刺激を与えないよう、以下のようなポイントに着目して選びましょう。

オイルフリー製品

ニキビ予防には保湿が大切ですが、ニキビの直接の原因は過剰に分泌された皮脂ですから、外部から必要以上に油分を加えると、余計にニキビが悪化してしまうことがあります。
また、敏感肌の中には、油分に反応して肌荒れを起こすことがあるので、基本的にオイルフリー製品を選ぶとよいでしょう。

浸透力の高い製品

背中の皮膚は、体の他の部分と比較して角質が厚くなっていますので、ボディクリームを選ぶ際は、有効成分が角質の奥まで届くよう浸透力の高い製品を選ぶと良いでしょう。

できれば無添加・薬用効果のある製品を

背中ニキビをこれ以上悪化させないために、できれば香料や合成着色料、鉱物油などを使用していない製品を選びましょう。
さらにニキビの原因菌を排除する殺菌成分や、ニキビの炎症を鎮める抗炎症成分など薬用効果のあるものなら、ニキビやニキビ跡の解消にも役立つかもしれません。

まとめ

皮膚表面が乾燥すると、ダメージから皮膚内部を守るために普段より多く皮脂が分泌されますが、過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まってニキビの原因となることがあります。

このため、皮膚を乾燥させないよう保湿ケアが重要になりますが、背中ニキビが発生している状態の皮膚は、刺激に敏感になっているため、使用するボディクリームを選ぶときは注意が必要です。余計な油分による刺激を与えないようオイルフリー製品を選んだり、無添加・薬用効果のあるものなら、ニキビの解消にも効果が期待できるでしょう。